読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記は毎日書くから日記

方向は定まらないがとりあえず日記。

ある知人との会話

ある平日の会話。盆休みを終えたりこれからだったりする中。

 

知人「へぇ、岩手のある市行ってきたの、どーだった?」

私 「正に復興途中という感じでした」

知人「吹きすさぶ風がよく似合う松は見に行った?」

私 「まぁ」

知人「葉っぱちゃんとついてた?」

私 「写真で見た被災前とは比べられないほど少ないものでしたが」

知人「あーそーかーそーかー。まだついてるのかーところで二本目は見つかった?」

私 「なんでも誰がために戦う松の傍にはもう一本あったとか」

知人「直後に行った知り合い曰く、実は二本あるんだった聞いてたんだけどね。僕も二回ほどあそこ行ってるけど一本しか見たことなくて」

私 「自分も一本しか見つけられませんでしたが」

知人「んーそーだよね。でも二本あったとしても一本にしといた方がドラマ性あるよね」

 

 現実は異常である。