読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記は毎日書くから日記

方向は定まらないがとりあえず日記。

2014年

さして抱負を書くこともなく、新年明けましたで2014年が始まる。とてもではないが毎日書けそうにない最初から負けていたガードで始まる。

 

年末年始は実家だった。家族全員が一緒にいる数少ない日。

 

おせち料理は子ども、というか若い世代の舌には不評というのはどの時代でも同じなのか? 自分は未成年のころは何が美味しいのかさっぱりわからなかったし、作り溜めする必要性もゼロになってきたのだから作らなくてもいーじゃねーかそれこそカレーで十分だろと思っていたし、実際母親もあまりに誰も食べないので作らなかった時期があった。今はむしろお重にする前に食卓やら鍋から消えていくようになったのだが。

 

自分は間違ってもグルメではないが、味覚や嗜好の変化はあるのだろうなと思うようになってきた。

 

そんな自分の晩御飯はシンプルにご飯・味噌汁・納豆だった。

 

うん、年始めに書く日記じゃないな。